展覧会・『視力0,01』ができるまで


by hello-daito

<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

山川さん3

山川さんよりのメール第三弾です。

以下、山川さんのメールとなります。

さて、先日来のメールなど掲載くださりありがとうございます。
ほかの方の投稿やコメントと合わせて、先ほど読ませていただきました。

船橋さんの文書を読みつつ、
本当にそうだよなあって思ったしだいです。
幼いころから全く見えないぼくなんかが
一人で外出すれば危険や不便が多々あ
りますし、生活や仕事その他生きている上でのいろんな場面で不便さや歯がゆさ
を痛感することも決して少なくはないように思います。

ときには、怒りや悔しさを感じるような出来事や経験に遭遇して、
自らの被差別者としての社会的立場・位置を思い知らされることもままあります。

そんな意味からすると、見えたら便利だし生きるのが
楽でいいだろうなあと思うことがないわけではありません。

けれども、ビューなどで鑑賞ツアーやワークショップをしていると、
見えている人の視点や共通概念にあまり捉われてはいないから、
こんなことを言ったり行ったりしてしまうんだろうなあと、
後から自らの言動を捉えなおすこともしばしばあるような気がします。

そのときにはぼくは何も意識してはいないようですが、
そんな見える人の視点や概念にあまり捉われないぼくの発言や行動は、
ときとして見える方にとっては、思いも寄らないものだったり、
とっぴょうしもないものだったりするようです。
そんなある種の異文化とも言うべき人・もの・ことの交流は、
理屈抜きに面白いですし、少しはぼくらの社会や文化を豊かにする
一助になるのかもしれないなあと思ったりします。
そんな意味では、見えないこともまんざらではないよねともちょっと思ったりするのです。


とは言え、そんなことを言っているぼく自身とて、見える人・障害を持たない
とされる人たち(マジョリティー)を中心とする社会の中で生きているわけですから、
見える人たちの文化や価値観から自由ではないんだよなあ、
と思ったりすることもあるのです。

たとえば、○○さん(知り合いの女性)ってとってもきれいだよとか、
○○さんめっちゃかわいいやんなどと言われたりすると、
なんだか嬉しかったり、今あなたが話してたあの人とても美人だよとか言われたりすると、
思わず、へえ!どんな人?などと反応したりもしますしね。


そんなぼくのやや鈍化した感性を活性化して、大きな刺激を与えてくれたのが、
アテンドスタッフとして参加させていただいた、2008年12月仙台メディアテイク
で行われた、高嶺格さんの、大きな休息と題されたとても個性的な展覧会会場で
の、貴重な十日間近くの体験だったのです。

まさに見えない自らの自明性を問い直したり、ありのまま性を再認識させられたりする
エキサイティングな日々となったのです。そのときのことを下記の展覧会ブログ

自明を問い直す
 http://prj.smt.jp/~bigrest/blog/?p=176
ありのまま性
 http://prj.smt.jp/~bigrest/blog/?p=188 
 
に書いていますので、ぜひご覧ください。

あの仙台での日々を思い返しつつ改めて考えてみると、
船橋さんも書いていらしたように、今回の展覧会は、
やはり目が見えている、あるいはかつて見えてい
たときの、共通概念や発想や視点で企画・検討されているように思われます。

そんなわけで、その共通概念や、見える人や見えない人の自明性を揺さぶるよ
うな、そんな展覧会・作品にめぐり合えることを期待しつつ、今後の動きを見つ
めて生きたいと思っています。
それではまた。

 
山川秀樹
[PR]
by hello-daito | 2010-03-29 13:14 | 主旨 説明

山川さん2

山川さんのメール第二弾です。
ちょっと抽象的な内容になっておりますが、
「障害とは?」という大きな内容に踏み込んだ興味深いお話です。

一部、雑賀さんのお話に対する(ちょっときつめの)コメントもありますが、
ここはそれぞれご意見があられるということを
前提にお読みくださいませ。
企画者としてはどちらのご意見も貴重なご意見で、
むしろ雑賀さんが提案してくださらなければこのような意見も
でてこなかったと思っております。

では以下山川さんのメールとなります。



お早うございます。山川です。
ざっと思いつくままに書いただけの、まだ練れていなかったり、加筆・修正が
必要だったりする文書を、ちゃんと読んでくださりありがとうございます。
まだ荒い言い方で少々過激に過ぎたかもしれませんが、率直なぼく
自身の思いを書かせていただきました。

それと、雑賀さんの、「中途失明の人は形が分かっていて」とか
「いわゆる「先天盲」の人は形を知らない」ので、「形を知る必要がある」と いった言い方
や、問題・論の立て方に関しても、とても気になるのです。

確かに、ご指摘のような側面が全くないとは言い切れないかもしれませんし、
一人一人のみなさんが経験や学習を積んで、人間として成長したり
世 界を広げたりしていくことを否定するつもりもさらさらありません。

ただ、発想や考え方の根底に、いわゆる「健常者」・「見える人」
が知っている・理解している形を知るのが、
いいことなんだとか必要なことなんだ
(見えている人が、本当に形を理解しているのかについては、実は大いに疑問
なのですが)という思いや思想が意識しているか否かに関わらず
横たわっていると すれば、それはやはり問題だろうと言わざるを得ません。

すなわち、その思想は、「いわゆる「健常者」の行動様式やものの
捉えかた等々に近づいていくことが望ましいのだ。」とか、「「障害」は克服・
軽減されるべきものなのだという発想や思想、実践へと帰結していかざるを得な
いと考えられるのです。

少しややこしい言い方をしましたが、いずれにしても、こうした問 題や議論の
根底、背景に、「障害」をどう捉えるのかという命題が大きく存在し ているのは
間違いのないところでしょう。
この議論は以前から福祉や教育や社会運動の場でも
続けられてきま したし、人間観に関わる深いテーマなので、別の機会に譲ることにします。

また、やや抽象的で長くなりましたが、改めてぼくの経験なども交えつつお話
できたらと思っています。



(改行はいつものように中村です。何かあればご連絡を)
[PR]
by hello-daito | 2010-03-23 19:34 | 主旨 説明

投稿2(山川さん1)

今回ご紹介するのは山川秀樹さんからのメールです。
まずは山川さんがどんな方なのかご紹介させて頂きます。


山川秀樹さん:1968年京都府生まれ。生後間もなく未熟児網膜症に
より失明。花園大学社会福祉学科卒業後、障害者解放運動・美
術鑑賞やワークショップ・好きな音楽や楽器etc.など、様々な
人・もの・ことに出会う。現在(有)ウェルフェアで点字デー
タの校正などの仕事をしている。

=====

(山川さんからのメールです)
ミュージアムアクセスビューのホームページの初めて参加される方へのメッセージ
 http://www.nextftp.com/museum-access-view/how_3.htmlというページにぼくも拙い1文を寄せています。ぜひご一読くだされば幸いで
す。

 

More
[PR]
by hello-daito | 2010-03-23 02:03 | 主旨 説明

中谷メール

次は中谷さんのメール紹介。
中谷さんは文章がちょっとだけ苦手なようなので、
このような形となりました。
ご本人の了承はとってあります。


作っている本人の感じがよくでているように思います。
では以下、中谷さんのご意見、ご感想です。



連絡ありがとうございました。

船橋さんの意見を読みました。
みなさんの意見もとても面白いというか興味深いです。
光島さんのわからなさが面白いという話等、あーそうやなぁと勇気付けられたりもし
ました。
雑賀さんや船橋さんの意見を読んで、確かに私が造ってるのは目の見えない方のこと
をよく考えて造った作品というよりは、単に触ることのできるだけの作品となっていた
なと思いました。
面白いけど色々考えさせられます。
これからどう造るのか考えなおしていかねばと思います。

Haruhiさんの意見のように、説明を必要な場合は選べるようなやり方を考えるのは、良
いなぁと思いました。
そのような工夫も大事だし、根本的に考え直すことも必要だなと思いました。
何か私も意見を言わねばと思いつつ、色々ぐるぐる考えて文章がうまくまとまらない
です。
ので、意見?というか考えをまだ送れてないです。
なんとか文章にしてみたいと思いますが…



(ここから中村です)
率直に今のお気持ちがでていて中谷さんらしかったので
そのまま掲載とさせていただきました。
一応、中村の意見としましては・・

理論と実践は違うので、特に作品を今から変更せずともよいと思います、
と返信しました。

試行錯誤が大切な展覧会でもありますので、
こういった意見の交換と実践はある程度わけて進行し、
また次回へつなげたいと考えております。
[PR]
by hello-daito | 2010-03-20 18:12 | 主旨 説明

投稿1

投稿のご意見をご紹介させて頂きます。

まず一通目は画家のフナハシさん。
光島さんと2人展をなさったこともおありです。
フナハシさんのHPはこちらです。
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/funya/eiji2/

是非、作品もごらんになってくださったうえで
文章をあわせてお読みになってくださいませ。

以下フナハシさんの文章となります。


みなさんのやりとりを読んで、「見えている」ということの意味を突きつけられてい

るように感じました。



見える人が、いかに概念だけでものを見ているかということ。



たとえば、山の話が出ていましたが、「ああ、この絵は綺麗な山が描いてある」と認

識できて安心して通り過ぎることができる。また、そういう自由もあるということで
すね。



こういうことは美術にあまり関心のない人にとって、案外多いのではないかと思いま
す。



でも、実際に山に登ってみるとその綺麗な山の印象がずいぶん違ってくるはずと思い
ます。



「見えない人」と「見える人」と一緒に山に登る経験をして、その印象を語りあった
ら山の互いの感じ方が同じ部分もあるし、

また違いなどもあるかもしれません。



何が描いてあるかどうかが分かるということは、「見える(てた)人」にとっては安
心感がありますよね。

「見える」絵描きは、そういう共通概念を利用して描いているので、時には鑑賞者の
安心感を裏切ることもあると思います。

作者としては、快感でもあります。



今回の展覧会の視点が「見える(てた)人」の共通概念を前提としているように思え


のが気になりました。



「見える人」の概念を突き崩すような作品を期待しています。
[PR]
by hello-daito | 2010-03-20 00:53 | 主旨 説明

途中経過

※色々とメールいただきありがとうございます。
ブログに載せるために、随時調整中です。
もうしばらくお待ち下さい。
今週後半よりアップいたします。

メールをくださった方、本当にありがとうございます!(3月17日)
全然関係ないですが、中村は21日大阪の阿倍野近鉄百貨店にて
ぬりえのワークショップを行います。
お近くの方は是非おいでくださいませ。午後1:00からと2:00からの2回です。




今、Haruhiさんが投稿の準備をしてくださっております。
色々と彼女の体験をもとに、
HaruhiさんとYさんとの往復書簡のような
形になるかと予想されます。

(そこに私もはいる?)


中谷さん、オヤナギさんもこのことに関して
ご意見書いてくださるようです。


土曜は東京にて中村と尾柳、画廊を回りつつ
打ち合わせです。

ではまた報告いたします!

(執筆中村)
[PR]
by hello-daito | 2010-03-11 18:15 | 主旨 説明
※この内容に関してや、今回の企画に関してご意見あられる方は
中村までメールにてコメントください。
下記のような形でご紹介させていただきます。
(基本、書かれた方の文章を全文掲載させて頂きます)
折角なのでご意見おありの方は是非!
ペンネームでもいいですよ。  

中村協子メールアドレス:hi-kyoko@mbn.nifty.com


光島さんのコメント、続々反応があります。

今度は雑賀さんがご意見を寄せてくださいました。


メンバーでも以前から話題となっていた
「途中まで見えていた人」
と、
「生まれつき見えない人」
との違いについて雑賀さんがとてもわかりやすく説明してくださっています。

「説明」の大切さ、なぜ「説明」が必要であるか、
そしてアートにするにはどうすればよいか等々
雑賀さんのご意見をわかりやすく述べてくださいました。

光島さん同様、雑賀さんがブログに載せるために校正をしてくださいました。
お2人ともに、目の見えない方がこうした長文を書き、
校正をなさるのは大変な労力だと思います。

本当にありがとうございます!



以下、雑賀さんのご意見です。


まず視覚障がい者の中には、
生まれながらもしくは幼児期等に失明された先天性の方と、
中途失明の方がいます。

More 続きはこちら
[PR]
by hello-daito | 2010-03-08 17:44 | 主旨 説明
<視力0,01>に出品させていただくうちの一人の”Haruhi”(松原)です。

中村協子さんと、光島貴之さんとの往復書簡を読んで、
『アートにおける説明的なモノ、もしくは、説明のつかないもの』
という事について、私なりに思うことを投稿しました。

More ↓以下、長くなります・・。
[PR]
by hello-daito | 2010-03-08 02:51

光島さんとの往復書簡2

往復書簡2です。

もし、ここから読まれた方は是非前回の記事、
「光島さんとの往復書簡1」へ戻って
そこからお読みくださいませ。



以下、私の出した返信メールとなります。



光島貴之様

この度はお世話になります。

先日頂いたメールの内容を(できれば全文)
ブログでアップしたいと考えております。
とても貴重なご意見だと思います。

作品をどう作っていくかについては
意見がわかれたとしてもそれ以前に、
「説明」であるものと、「説明のつかないもの」、
アートは後者であって欲しいという光島さんの願い・熱意が
とても伝わる文章です。

More 続きはこちら
[PR]
by hello-daito | 2010-03-07 15:37 | 主旨 説明

光島さんとの往復書簡1

だいぶ制作が各自進んできましたが、
この間出品作家のお一人でもある光島さんと
ワタクシ、中村協子の間で大変興味深いやり取りが行われました。

やり取りの内容としては
私達が目の見えない人にわかってもらおうと苦戦しているのに対して、
「触ってすぐに、それが何かがわかるものを作る必要はないのでは?」
とのご意見をおっしゃってくださいました。

作家としての自由に表現したいというエゴ、
しかし、発表する場によっては、それを規制しなくてはならないこと
(特にパブリック・アートにおいて)

More 続きはこちら
[PR]
by hello-daito | 2010-03-07 15:27 | 主旨 説明