展覧会・『視力0,01』ができるまで


by hello-daito

<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

下絵のやり直し

今進めている下絵がちょっとバラバラで制作しづらくなってきました。

顔を一つ一つ作っていると
あとでまた編集が大変・・・
あと、髪型の微妙な差が触るとあんまり大差なく、
結局あんまり面白くなかった・・

触感の面白さは抽象のお2人にまかせて
私は説明ありきの面白さにもう特化してみようと思います。

なので下絵から再度考えなおしてみました。

下絵1

a0130870_8474042.jpg


川向こうのオトコとの距離を測っている図

下絵2

a0130870_8523848.jpg


山道など、平でないところの距離を測るとき、
江戸時代ではこのように巨大な車を使っていました、の図。

下絵3

a0130870_8524841.jpg


向こう岸にある木との距離を測っているところ。
こんな風にでんぐりかえって、相似形で距離を求めることもできますよ、の図。



全部お江戸シリーズ。
江戸版、トリセツのオトコで、フツーに自分の作品です。

全部わりと大きいサイズですが、
この中から2枚かできれば3枚出す方向で今製作中。

この下絵を元に絵を描き、さらに刺繍とアップリケで触れるようにします。

そう、こういう試行錯誤が必要なので
早めに今回動いています。

また進行あればご報告します。
[PR]
by hello-daito | 2010-01-20 08:57 | 制作過程 中村

びわ? 番外編

今回の打ち合わせで一番制作にやる気を
みせてくれていたのが実は中谷さんでした。

前回のレポート以外にも色々と画像があるので
ちょっとご紹介いたしますね。

a0130870_10485371.jpg
a0130870_1049091.jpg


びわと女、下絵の別バージョン。
ちょっとバックや構成を考えてみる、とのことでしたが、どちらでも素敵ですよ。

a0130870_10491236.jpg


これは3つの頭バージョン。
なんだか不思議な雰囲気ですね。
これも素敵。


a0130870_10491926.jpg


これはちょっと変って、ネコ? 犬?
どちらともつかぬ動物のしっぽから植物が生えております。
なんともユーモアあふれる作品。
これも触れるように制作予定だそうですよ。

とまあ、教員をしながらの制作で大変お忙しい方なはずですが、
とても楽しんで作ってくださっている様子がありありと伝わってきて
メンバー一同楽しませていただきました。



中谷さん、お体大切にコツコツと仕上げていってくださいね。
[PR]
by hello-daito | 2010-01-18 10:56 | 制作過程 中谷
今回の打ち合わせでわりとみなさんの悩みが共通していましたので
ここにまとめます。

1、作品形態   

みなさん、絵本をどうしてもイメージされているようで、
「製本するかどうか」「蛇腹にしようかどうか」などの
悩みがありました。


2、音をどうするか

これも絵本の延長でストーリーを付けるかどうかで悩んでいる方も。
単語を並べるだけでもいいと思います。

3、ブログへのハードルが高い。

もう、作品を作ってくだされば結構です。
人によっては文章はハードルが高いですよね。
中村は好きなので大丈夫ですし、代筆もOK。
画像と箇条書きにした文章を送ってください。
レポートします。
でも、アップしたい時には気軽にしてください。





全体として、「絵本へのこだわり」が、
自らハードルを高めているように思います。
一回目なので下げていきましょう。

特に作品を平面でかっちり作ってしまって製本すると
製本はちゃんと仕上げるのが難しく、
せっかくの作品が、がたがたになってしまうこともあります。

展示的にも一枚づつ平置きでバーと並べた方が見栄えもします。
(本だと一冊ぽんとおくだけになる?)

DMについてはなるべく具象的要素を使って楽しい感じにしたいです。
できてきた作品を撮影したものを使いますが、誰の作品を使うかはまだ未定。
イメージは尾柳さんの年賀状。

a0130870_21451221.jpg


紙などもいいものを使って、作家性の高い案内状にしたいですね。

展示は今回かなり悩みそうです。

備品もアクロスは色々ありますのでなるべく有効に使わせてもらいましょう。
座布団も中村が8枚ほどなら家から持ち込めます。(和モダンな座布団です)

今のところ


平面:尾柳 5枚  中谷 4枚  中村 2-3枚
箱:HaruhI 3つ
触れる立体:中谷 一つ
映像:尾柳

といった構成でしょうか。
原画、メモなどは壁にバランスよく貼る予定です。

新しく出た企画としては以前雑賀さんよりご提案していただいた、
箱になにか立体物を入れておいて
それを触ってもらうというもの。

これを中谷さんのつくった立体でできそうです。

a0130870_21591314.jpg


a0130870_21592366.jpg


(写真上:貝殻を利用してつくったかたつむり。下の部分にビーズのようなものがぎっしりついている)
(写真下:布やスパンコールを利用してつくったネコのような動物。参考作品です)

触れるよう、大きさや強度を考えなおして作ってくださるそうです。
本当にかわいい作品。
中谷さんよろしくです。
箱はまたかんがえます。
(アイディアあればよろしくです)

以上、打ち合わせまとめでした。


※締め切りですが、学校訪問参加される方は締め切りをずらして
持参してくださっても結構です。
[PR]
by hello-daito | 2010-01-17 22:05 | 打合せ

日時決定しました。

正式な日時が決定しましたのでお知らせいたします。

展覧会タイトル:「視力0,01」
場所  :大東市立生涯学習センターアクロス
日時  :2010年 7月22日ー8月3日
主催  :同上
企画  :中村協子
参加作家:尾柳佳枝 Haruhi 中谷由紀 中村協子 光島貴之
アクロスHP
視力0,01ブログ  
http://hellodaito.exblog.jp/

です。どこかへご連絡されるときはこの情報をお使いくださいませ。


※なお、搬入は21日の午後から半日、搬出は最終日に全部してしまいます。
これない方は中村が責任を持ってもって帰り、後に返却いたします。
[PR]
by hello-daito | 2010-01-17 21:41 | 主旨 説明

詩的なもこもこ

続いて尾柳佳枝さんの作品です。

尾柳さんは布と紙と両方の作品を
作ってくださいました。
(原画は同じもの)
すいません、原画を撮影するの忘れてました・・


布バージョン

a0130870_8121225.jpg



紙バージョン

a0130870_8115783.jpg


左上の薄いミドリのものはモデリングペースト、右中ほどのもこもこはフェルトを
切り抜いて重ねたもの、線は刺繍です。
いろんな質感を組み合わせてみごとに尾柳さんらしい
絵と直結した作品となっておりました。

ご本人が左上の触感を
「痛くないかな?痛くないかな?」
としきりに気にしてはりましたが、確かにギューと押したらイタそうですが
たぶんそんなことする人はいないでしょう。

どちらかといえばざらざらして異物感を楽しむ感じです。

原時点で唯一完成した作品をもってきてくださいました。


後は何枚か作って造形的に美しいものを再度選びなおす感じでしょうか。
原画もたくさんみせて頂き、さすがの安定感です。

尾柳さんは今東京に住んでいらっしゃるのですが、
いつもメールや電話で
「それって、オヤナギも参加できますかねー?」
と参加をたずねてくださいます。

もちろん、できる限りスケジュールをあわせますのでじゃんじゃん参加してしてくださいませ!


そんな尾柳さんが個展を東京でなさいます。

a0130870_12493765.jpg


個展告知
「みずうみゆきにつもった山」展
2010 1月29日ー2月2日
29日(金)午後6時からオープニング
gallery it's

東京ですが、もしお近くにまでいかれた際には是非お立ち寄りくださいませ。



おまけ:
打ち合わせの帰り、2人でちょっとレトロな喫茶店にてお茶をしていると
尾柳さんが
「あっ、レイディオヘッドや!!」と叫んだときは嬉しかったです・・・
ロック好きなんですね。中村もですよー。

こんなレトロな大阪のおばちゃんチックな場所でもところかまわずうつ状態なトムさん。
(トムさん=トム・ヨーク)

さすが、トムさんです。
今年も鬱々し続けてくださいね。

なんのこっちゃですが、とりあえずレポート終わります。

(執筆者 中村) 

※みなさん、ブログへの敷居が高いとのこと。
ですのでこの一回目は中村が担当してます。
ひょっとしたらずっとそうなるかもしれませんが、制作レポートはどんな形であれ、
随時アップして行く予定です。
[PR]
by hello-daito | 2010-01-14 08:55 | 制作過程 尾柳

BOX

続いてはHaruhI さんの作品

なんと作品はお手製の箱に入っています。
とても美しい箱。
妹さんの手作りだそうです。
姉妹合作とは!
最終的には取っ手がついて、「玉手箱」のような仕様になるらしいです。


このような箱に入っていて・・・


a0130870_7513819.jpg

(写真:濃い目のグリーンの箱。大きさは40㎝×30㎝くらい。蓋は薄いグリーン。)

こちらが作品。

a0130870_751569.jpg

(写真:一番下の層に色違いのフェルトが3本、(アオ、紫、黒)
その上に細いモール(水色)を束ねて直径10センチほどの筒状のものが3つ、
それらの間を埋めるように小さいガーゼ(?)でくるまれた丸い物体(紫)や、
楕円形にフェルトを丸めたもの(アオ)が敷き詰められている)


とても美しい。抽象絵画のようです。
またそれぞれのモチーフの触感が異なり
今回出来上がってきた作品の中で一番「触って面白い」作品となっていました。


HaruhIさんは元々私の学校の先輩で当時から美しい抽象を描く方でした。
HaruhIさんいわく、
「中村さんと由紀ちゃんは細かい路線でくるやろうから、
ウチは大きくいこうと思った」そうです。

お見事!
読みが当たっておりますね。

この真ん中のモールがくっついておらず、触るとパラパラとほどける感じが
触っていてとても楽しい。


a0130870_7512031.jpg


(写真:箱を20㎝ほどめくっている図)

これは再び私がめくって遊んでいるところ。
このめくる楽しさっていいですね。


原画の方はお忘れになったとかで、見れなかったのですが、
きっと美しい作品なはずです。

お仕事が大変忙しいなか、本当にありがとうございました!
引続き制作よろしくお願い致します。

(執筆:中村)
[PR]
by hello-daito | 2010-01-14 08:07 | 制作過程 HaruhI

びわ?

続いては中谷由紀さんの作品ご紹介です。

まずは原画のその一

a0130870_8302816.jpg



(写真:上に柄のはいった白猫、下にオレンジのビワのようなもの。)

タイトルは不明ですが、なぜかTシャツに描かれていて、
そこがなんともチャーミング。

証拠写真がこちら。

a0130870_8305753.jpg

a0130870_8311959.jpg












写真:右、絵のウラガワ。左 絵の側面。Tシャツの襟元が覗いてイマス)

染め絵のように描いてらっしゃる様子。
これも立体的にしてくださるそうです。

そしてこちらは立体になった作品。これは逆に原画は無し。

a0130870_8342525.jpg


女の人がボクシングをしているような絵。
手がビワになっています。

これは中にビワの種を仕込んで・・・

a0130870_8355585.jpg


ちらっとめくるとビワの種が見えるようになるらしいです。
かわいすぎます。

一応完成品はこのようになるはず。

a0130870_8364282.jpg


この女性のアウトラインは全てサテンステッチで刺繍され、
またビワの部分はフェルト(お手製)という懲りよう。

市販のフェルトと違い、とても分厚いフェルトで不思議な色になっていました。


中谷さん素敵な作品本当にありがとう。


計4枚ほど触れる作品を作ってくださるそうです。
その予定原画はまた番外編でご紹介しますー。
[PR]
by hello-daito | 2010-01-12 08:44 | 制作過程 中谷

ピーシングペーパー

先日の打ち合わせでお2人から問合せがありました、
材料の紹介です。

ピーシングペーパー
http://www.craftmax.net/search/item.asp?shopcd=1&item=4901316578954


多分各自で買うと送料の方が高くなるので
どれくらい必要か方眼入りがいいのか無地がいいのかなど好みを
添えて、中村までご注文ください。
私、結構まとめ買いしてもってます。
(会計上もそうしてください。)

パッケージはこんな感じです。

a0130870_1016378.jpg


(写真:筒状になっているピーシングペーパーのパッケージです。)

トレーシングペーパーになっているので下絵をこれにトレースして・・


a0130870_10174378.jpga0130870_10175295.jpg


















(写真左:下絵を紙に書き、刺繍枠にはめて刺繍しているところ・
 写真右:部分的に破いてます)


できあがったら破ります。(右画像)
「いやーん、おっぱい見えちゃったー」
という感じになっておりますが気にせずビリビリいきます。



で、私の場合は今年の刺繍作品としてマーキングというカテゴリがあって、
これはその一つ。

図案を刺繍してその裏側をペインティングでいうところの筆跡・ストロークに見立てた作品。
なので裏が作品です。

上記の写真を裏返すとこんな感じ。

a0130870_1020062.jpg


わりと大きい作品で、これは普通に画廊に出す予定でしたが、あまり区別しないほうが
面白く私も楽、ということでこれを視力0,01の方にも出す予定。
ほかの作家さんにも好評でした。
侍と同時に出す予定ですが、どちらかだけになるかもしれません。


また、以前目の見えない方に
「もっと触れる名画ってないのー?」
北斎とかモナリザばっかやんー」
といわれたこともどこか頭の隅にありました。

これはポンペイ壁画の中の「春夏秋冬4大ビーナス」で、女性像のシリーズのひとつとしての
刺繍作品となります。



裏の方が糸の始末や糸の玉があったり、渡してある糸があったりして
手触りも表よりバラエティに富んでいます。
また、表を見て刺繍していくため、裏に意図せぬ偶然性が染み出てきたり、
同じ図柄を刺繍しても、一人一人異なる・知らず知らずの手癖がでてきたり・・・

そういった「図案刺繍」の面白さをうまくつかって作品にできないかと思ってます。
ようは私の大切なテーマでもある
「パターンからどうしてもはみだしちゃうもの」
への関心が根底にある作品です。






以上材料と中村作品でした。
[PR]
by hello-daito | 2010-01-11 10:38 | 材料
打ち合わせ・2回目(執筆者中村)

今日は作家さんが全員集まる打合せの第二回目。
梅田にて待ち合わせして例のごとくランチをしつつ
打ち合わせします。
まずはスケジュールを確認、材料費支給、各作品の進行具合確認(ハイライト!)
それから作品撮影と続きました。

以下はまず、スケジュールと今日話し合いで追加できまったこと(赤字)を
書いてあります。
参加作家さん、ここで確認してくださいね。



今後のスケジュール

1月11日 打ち合わせ材料費支給



2月 10日 〆きり   中村の自宅へ作品を送付してください。
        (1~2個くらい)
        一応厳守。遅れるときは必ず連絡を!

2月末ー
三月初旬    ~視覚支援学校持参(参加できる方は参加してください)
 みなさん参加したいとの意見が多かったので早めに日程を調整して頂き、
         できるだけ参加しましょう。




3月下旬  作品撮影


4月中旬   チラシ作成チラシは私とオヤナギさんで作成します。
        アイディアは私、作成はオヤナギさんです。


5月中    チラシ完成

このあたりで光島さんのアトリエ見学を希望。打診してみます。
また、私達の作品も光島さんに見ていただき、感想を言って頂くことを希望。

アクセスビューに連絡して展覧会をみなさんで
見に来るツアーをしてくれないか打診します




7月     展覧会!

広報は虹へDMに同封してくれないか頼んでみます。
これで800枚は大丈夫。
全部で2000枚は刷ってみんなで色んなところへ配ります。
ちょうど中村(京都)Haruhiさん(大阪)中谷さん(兵庫)と三都物語になっていますので
いい感じです。
尾柳さん、東京はまかせた!




さあ、気になる作品のほうはどうでしょうか?!
高まる期待にこたえる作品がぞくぞく登場で
大興奮の一日でしたよー!

来週からちょっと詰めて書いて、
ひとりひとりアップしていきまーす。

ご期待アレ!
[PR]
by hello-daito | 2010-01-10 19:50 | 打合せ