展覧会・『視力0,01』ができるまで


by hello-daito

<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

企画説明

これを書いてすぐ思いつきましたので展覧会タイトルを「視力0,01」へ変更します。
私自身の視力をタイトルにそのまま使うことにしました。
コレナーニ?があまりにパブリックくさかったことと、健常者と非健常者との境目を
暗示するフレーズとして考えました。



今回は企画者としてなぜ、私がこのような企画に興味をもったかを
述べてみたいと思います。

もう参加メンバーの方にはお話したのですが、私自身が角膜に少し異常をもっていて
病気というわけではないのですが、一生ハードコンタクトを使用していかなければならない
目です。

17歳の時に発症したのですが、「一生直らないということ、めがねでは矯正できないこと
悪くはなるけど、よくはならないこと」
などが告げられ、とぼとぼと家へ泣きながら帰ったのを覚えています。

症状としては強度の乱視です。
裸眼ではひどくゆがんだ世界に生きており、裸眼で過ごしていると非常に目が疲れやすくなります。
(特にパソコンは辛いです。)
もし、コンタクトレンズが開発されていなければ、
この病気の方(割りとたくさんいはるそうです)は
きっとみなさん、健常者とはいいがたい状況だったのではないかと思います。
今は特殊な削り方をした特注のコンタクトを使用してなんとか日常生活を送っております。


「健常者」という人が作った大きな枠が実は隙だらけの曖昧なものであるということは
以前から通っていた障害者施設でのボランティア活動でも感じ取っていました。
障害の程度が個人差がありすぎて一言で「障害者」とはくくれないのですね。
それは目に障害がある方にも感じます。
見え方にかなり差があり、障害の個人差も大きい。



自分自身が「健常者」という枠組みから少し外れてしまったこと、
またその枠組み自体が社会が作った刷り込みではないか?と思ったことが、
今回の企画の大きなきっかけとなっています。



まためがねやコンタクト無しでは今多くの人が「健常者」とは呼べないくらい、
目の矯正は一般的になっています。
1,5の視力がでるようにほとんどの人が矯正され、作られた視力で毎日生活しているというのは
今の社会生活で大きい前提となっていますが、
本当はとても奇妙なことなように思うのです。


だからほんの少し配慮で、目の見える人が作りあげた「健常者」の枠組みを広げれるのではないか?
とこの企画を考えました。


私自身も一生この目を付き合っていくので、何年かおきにすこしづつ制作し、
この企画を成長されていけたらと思っています。
[PR]
by hello-daito | 2009-09-29 09:23 | 主旨 説明
9月23日、水都大阪で行われた光島貴之さんのワークショップに参加してきました。
会場へ着くとアクセスビューの阿部さんがいらして、
「中谷さんも今日来てくださるんですよ」
とうれしいご報告がありました。

しばらくして中谷さんも到着。
一応ぐるっと水都大阪を見られてきたそうです。
制作の進行状況を尋ねると
「う~ん、ぼちぼち。でもまだ全然・・・」
とのこと。
大丈夫です!私も同じです!
アイディアはいろいろあるのですが。
まだ試してないのです。

そういうわけで今日のワークショップも今後の参考になればと参加しました。

今回は2日かけての制作で、23日は2日目にあたります。
前日までに目の見えない方を中心に音で会場内の様々な情景を集め、
それを光島さんが夜おうちで音声シールに編集してきてくださいました。
これを参考に自分達の作る作品のイメージを膨らませます。
なんでも音の集め方に既に個性がでるそうで、それを聞いているだけでも
結構楽しい。
シールは直径一センチほどの白いシールで、あとで出来上がった作品に張り付けます。


今回は目の見えない方は4名参加くださいましたので、全部で4グループあります。
私は今回は2年ぶりに白井君と同じグループでの参加となり、
相変わらずお元気そうで何よりでした。

白井君、制作風景

a0130870_8294989.jpg

(写真白井君葉っぱを貼ってるところ)

中ノ島公会堂の門が気になったそうで、門の取っ手を半立体にしたいとのこと。
表と裏を別の色にしてみては?と私が提案します。
(ちょこっとだけ質感が違う)
歩いていて葉っぱが風で揺れる様子を表現したいとのことで、
周囲に葉っぱをたくさんはりその中央に抽象的な線描をしていく白井さん。

段々と詩情あふれる作品に。

こちらはノロノロしている私達のグループにテキパキと指示を出してくださる、阿部さん。
大きな瞳が印象的なかわいい方です。

a0130870_8334412.jpg

(写真阿部さん。制作風景を撮って欲しいとの白井君の要求で撮影中)

これは全体の様子。

a0130870_8341452.jpg


(写真:全体 なぜか白坂さんのグループです)


後ろの茶色い壁にできあがった作品を壁画風に貼る予定です。


今までワークショップに参加して思うのは、目の見えていたときの記憶がどれくらいあるかで
かなり作品が違うなと思います。
当然といえば当然なのですが、大人になってから失明された方はかなり作品が具体的です。
一方白井さんのように早くから失明された方は作品がかなり抽象的。
こちらへ出してこられる要求も抽象的な表現が多いように思います。
(明るい感じ、パーとした感じ・フワーとした感じなどなど)

また大人になってから失明されてこうしたワークショップに参加されている方は
見えていたときのことを懐かしんで制作されていることが多いように思います。
作っているときにそのモチーフにまつわる思い出話が始まることもしばしば。

こうしたワークショップや美術館での鑑賞をきっかけに、ご自身の楽しかった大切な思い出を
作品に定着させていけたらーそれは目の見える見えないに関わらず人生を豊かにするとても
大切なことのように思います。


また一方で、今回私達が作ろうとしているのは、どちらかといえば
早くから目が見えなくなった方を対象とした作品ですので、
やはりかなり抽象的な形でないと伝わらないように今回のワークショップで感じました。

白井君、どうもありがとう。いつもモタモタしてすいません。
これからもよろしくおねがいしますね。


連絡事項:
光島さんからの要望で写真をつける時は写真の説明を
簡単でいいのでつけてください。
ブログも読んでくださっています。
[PR]
by hello-daito | 2009-09-29 08:54