展覧会・『視力0,01』ができるまで


by hello-daito

雑賀さんとの打ち合わせ

2010年1月29日

今日は雑賀さんとの打ち合わせでアクロスへ中村が一人で行ってきました。


今日は私の作品と尾柳さんの作品を実際に触ってもらって
色々と雑賀さんへ言っていただきました。
今回はとても有益なアドバイスをたくさん戴きましたので
順を追ってご紹介しますね。


まず言われてしまったこと。

「これではよくわからんねー」

a0130870_15435686.jpg


(写真:オヤナギ作品を触る雑賀さんの手と作品)

オヤナギ、ナカムラどちらもだそうです。

かなりフォローを念入りにしなければなりません。

特にナカムラの方は刺繍した後、アイロンで布のしわを伸ばしており、
そのことで刺繍を上から押さえつけた感じになっております。
それが刺繍の盛り上がりをつぶすことになり、
触ったときに弱くなっていました。
(中谷さん、今どうなってますか?アイロン時に要注意です!)

刺繍で伝えるにはアウトラインステッチではちょっと弱いようです。
あと、私や中谷さんは顔の表情にこだわりがありますが、
それを伝えるのは無理そうです。

かなり言葉でフォローしなければ。

オヤナギさんの作品に関してはミドリはミドリでも、
色んなミドリがあるのでそのミドリに対する説明を絵のよこに
直接点字ではりつけて欲しいとのこと。

こんな感じです。

a0130870_1540767.jpg


絵のモチーフの横にそれぞれ点々が打ってありますが、
それが点字部分になります。
こんな風に横に点字があるとすぐによみとれていいかも?
とのご提案でした。


タグリーダーという点字の透明シートがあってそれがよいようです。


あと、レーズライターという透明のシートをご紹介いただきました。
http://www.iccb.jp/salon/goods/tenji/lrigter.html


学校などで使う作図用の透明シートのようです。
今日注文しましたので近日中に届く予定。

実はナカムラは今ちょっと目の問題で
刺繍作品に大苦戦しております。
細かい作業の連続で、目を開けていられないくらい目が疲れてしまい・・

なのでこの透明シートに色をつけたりして作品にできないか
ためしてみますね。

恐れていたことではあったのです。

企画者の目の弱さで始まった企画ですが、
その目の弱さのため、作品づくりが大苦戦しているという
皮肉なことになっております。

時間はまだまだあるのでもう少し色々ためしてみます。


とりあえず、レーズライターで作品を作り、
またアップしたいと思っております。


(執筆:ナカムラ)
[PR]
by hello-daito | 2010-02-02 15:44 | 打合せ