展覧会・『視力0,01』ができるまで


by hello-daito

展覧会コンセプト

展覧会主旨 説明

展覧会タイトル 「コレ、な~に?(What’s this?)」
場所   大東市立生涯学習センターアクロス
主催   同上
開催時期 2010年4月~9月の間で2週間(予定)門真市、街づくりアート/巡回予定
企画、キュレーター  中村協子


内容:目に障害を持つかたのための作品を現代アートとして展開し、
目の見える見えないに関わらず楽しめる作品、展覧会をめざす。
企画者として、目の見える側が作っている「目の見えない人用」のアートの
制限を指摘するできる展覧会にするのが狙い。
(コンセプト文はまた別途作成します)

具体案:① 盲目の子供用の触れる絵本にヒントを得た、触れる絵本を制作する。

ドローイングも併せて展示し展覧会としても楽しめるようにする。

② 現代美術家に普段の自分の作品の延長として触れる作品を制作してもらい、
展示する。あくまで作品として制作していただく。
出品作家さん 尾柳佳枝さん 中谷由紀さん、松原さん 中村協子
  招待作家  光島貴之さん

③ 作った作品を盲学校などで使用して頂き、その様子をビデオや写真にまとめる。
(展示?)撮影が無理なら感想などを文書でまとめる。

④ アクロスでの展覧会においては絵本を中心に展示し、親子連れが普段手にしない、
盲目の子供用の絵本で楽しめるよう、(例えば点字の絵本ならば訳を用意するなど)
開かれた場所にする。
点字のみの説明は極力さけ、音声での説明があるように工夫する。
(絵本にヘッドホンをつけるなど)

補足:できれば現代アートとしての面を補足、強調するため、ギャラリーでの展示を連動させて
行いたいです。アートスペース虹の熊谷さんが関心を寄せてくださっています。

宣伝をかねてブログで活動の記録をつけ、どのように制作を進めたかわかるようにする。
(ブログは一応中村が管理。できれば持ち回りで書いて欲しいです。)
[PR]
by hello-daito | 2009-08-24 08:59 | 主旨 説明