展覧会・『視力0,01』ができるまで


by hello-daito

視力0,01の展覧会レポート。(2)

次は、尾柳佳枝さんの作品です。

尾柳さんは、こんなに可愛い作品を、いっぱい☆

a0130870_16291628.jpg

     (尾柳さんの作品がテーブルにいっぱい並んでいるトコロ)

a0130870_16301858.jpg

     (岩や雪、小さな島が浮かんでいるようにも見えます。)

a0130870_16384492.jpg

 (山やカミナリ(雨?)、大きな雲、
           空気の粒がくるくる遊んでいるようにも見えます。)

・尾柳佳枝さんのホームページ → http://oyanagikae.net



尾柳さんの絵は、ご本人は
”内容は、いつもの絵とおなじで、別にお話も意味もないもの”
とおっしゃっていますが、

〜詩的で優しい風景を感じさせます〜

岩や山であったり、雨や雪であったり、
池のなかの小さな魚の群れであったり・・。

具体的に表現するわけじゃないんだけれど

何かそういう自然界のものや、バランスなどを、
とても大切に繊細に感じてはるのが
絵を通しても伝わってきます。

色も、柔らかで、美しい。

《視力0,01》にあたって
『同じ色は、同じ材質のもので』という工夫や

『余白のバランスの美しさ』を感じてもらうためや、
『作品の全体像を把握してもらう』ため
『手触りのおもしろさ』を伝えるために
 さまざまな、試行錯誤をされていました。

最終的に、両手を少し動かしすだけで全体が把握できる
作品のサイズになっていました。

指先と手の腹の部分に、同時にあたってくる
ふわふわ気持ちいいところや、ぐりぐり、ガシガシ感などのバランスが、
何とも絶妙で、ず〜ッと触っていたくなる感じでした。

音楽を聴いているような感じに似ていると思ったのは
私だけ??

ご参考までにまだ見ておられない方はこちらをどうぞ。

    はじめの頃につくられた作品はこちら
          →http://hellodaito.exblog.jp/i7
    はじめの作品を雑賀さんにみていただいたときの様子はこちら
          →http://hellodaito.exblog.jp/9842949/


《視力0,01》では他にも、下絵3点とアニメーションも発表されていました。
 次回は、短いですが、アニメーションのこともちょこっとだけ。

(Haruhi)
[PR]
by hello-daito | 2010-08-15 18:02 | 会場