展覧会・『視力0,01』ができるまで


by hello-daito

視力0,01の展覧会レポート。(1)

みなさんコンニチハ。
Haruhiです。

《視力0,01》の会期中に、展示作品をぱしゃぱしゃっと、
何枚か写真に撮ったので、遅ればせながら
いくつかアップしていこうかと思います。

長くなりそうなので、3回くらいに分けて、記事にしたいと思います〜。

まずは光島貴之さん。

光島さんは『生活の画』というタイトルで
ある日の出来事をもとに8点ほど連作されました。

a0130870_1652875.jpg

(作品『髭を切る』:黒いろのラインテープで横向きの男性の顔(光島さん?)が
          線描されています。

          口とあごのまわりに白くて細かいヒゲが、
          いっぱいわしゃわしゃ生えていて、

          あごひげの先っちょを
          小さいハサミが、いままさにカットしております。)
a0130870_16521970.jpg

(作品『スピーカー』:両端の黒くて四角いスピーカーから音の波を
           あらわすような、 赤と、茶色の細い波のラインが、

           たゆたうように交差しています。

           太鼓のリズムをあらわすようなタンッタンッしたラインも
          (すみませんうまく表現できてません・・。)

           2色のラインの上に表現されています。
           その音の響きのイメージは水色と白だっだんですねぇ〜♪)





もう1つ、わたしが衝撃をうけた作品があります。
こちら。
a0130870_16371055.jpg

はじめ、ストーリー作品であることが私の頭から
完全に抜け落ちていたこともあって、

一緒に鑑賞してた人と、コレなんやろなぁ〜、
う〜ん、傘かなぁ〜・・・、でもこのぶら下がってんの何〜〜?
しかもフックが上向きになってるのは何で〜??

、ってワヤワヤ言ってたら

実はそれは、傘ではなく洗濯物を干す、タコ足(?)が広がっていて
ぶら下がっているのは、
なんと! 光島さんのアンダーウェアー、でした☆

タンクトップの方(写真右下・・少し見えにくいです・・)は、
白で表現するおつもりだったそうなのですが

透明なことで、はじめの謎メキ度と、わかったときの喜びが倍増して
絵としても面白いなぁ〜、と思いました。
(光島さんは謎めかすおつもりではなかったと思いますが・・。
 スミマセン。光島さん。)

普段から、私は光島さんの作品が大好きなのですが、

今回もまた、ラインテープのなんともいえない線の美しさと
面とのバランス、色のバランスが絶妙で、
本当にオシャレで格好良かったです!

(Haruhi)
[PR]
by hello-daito | 2010-08-14 17:59 | 会場