展覧会・『視力0,01』ができるまで


by hello-daito

中谷メール

次は中谷さんのメール紹介。
中谷さんは文章がちょっとだけ苦手なようなので、
このような形となりました。
ご本人の了承はとってあります。


作っている本人の感じがよくでているように思います。
では以下、中谷さんのご意見、ご感想です。



連絡ありがとうございました。

船橋さんの意見を読みました。
みなさんの意見もとても面白いというか興味深いです。
光島さんのわからなさが面白いという話等、あーそうやなぁと勇気付けられたりもし
ました。
雑賀さんや船橋さんの意見を読んで、確かに私が造ってるのは目の見えない方のこと
をよく考えて造った作品というよりは、単に触ることのできるだけの作品となっていた
なと思いました。
面白いけど色々考えさせられます。
これからどう造るのか考えなおしていかねばと思います。

Haruhiさんの意見のように、説明を必要な場合は選べるようなやり方を考えるのは、良
いなぁと思いました。
そのような工夫も大事だし、根本的に考え直すことも必要だなと思いました。
何か私も意見を言わねばと思いつつ、色々ぐるぐる考えて文章がうまくまとまらない
です。
ので、意見?というか考えをまだ送れてないです。
なんとか文章にしてみたいと思いますが…



(ここから中村です)
率直に今のお気持ちがでていて中谷さんらしかったので
そのまま掲載とさせていただきました。
一応、中村の意見としましては・・

理論と実践は違うので、特に作品を今から変更せずともよいと思います、
と返信しました。

試行錯誤が大切な展覧会でもありますので、
こういった意見の交換と実践はある程度わけて進行し、
また次回へつなげたいと考えております。
[PR]
by hello-daito | 2010-03-20 18:12 | 主旨 説明